冷麺王宮

 

2005/08/06 (土)

<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止
腹が立った記事。

>>
関係者によると、当初は同校の工藤真司主将(3年)が「被爆地の高校生として、ピカドンで亡くなられた多くの人々の冥福を祈り、二度と過ちを繰り返さないことを誓います」と宣言し、他の選手たちにも黙とうを呼びかける予定だった。
 しかし、メッセージを伝えようとしたところ、高野連の田名部和裕参事が「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」と制した。同校ナインは列を外れ、広島の方角に向かって自分たちだけで黙とうしたという。
>>

この高野連側の言い分のクソっぷりは後世まで伝えるにふさわしいものだと思うのでここに記録しておく。全国の皆さん、「原爆は広島だけのこと」なんですってよ。戦後も60年経つとこういう輩が力を持つようになるんですな。
さらに田名部氏の言い分。

>>
田名部参事は「広島のことも長崎のことも含めて、大会行事として(終戦記念日の)8月15日正午に黙とうしており、原爆の日の黙とうを全体の行事とするわけにはいかない。今日の黙とうは1校でやるものと思って許可した。今朝、朝日新聞から全校に黙とうを呼びかけたいとの意向が伝えられたが、私が主将に話して1校で黙とうすることを納得してもらったと考えている」と話した。
>>

なんで「原爆の日の黙祷を全体の行事とするわけにはいかない」のか、実質的理由が不明であり納得しがたい。6日も9日も15日も、いずれの日も黙祷をしても構わないではないか。やったら減るのか? 黙祷が。時間がかかる? 別に3時間も4時間もしないだろうが。

かくも精神の貧困な人間が幹部を務めている高野連はホントしょーもない組織だなと思うし、結果その元で行われている夏の全国高校野球大会の魅力も失せてしまうというものだ。8月6日に黙祷するのを呼びかけて断られるようなスポーツ大会なんてクソくらえだよ全く。

お笑いと大和と戦争と
本日、広島被爆60年。一人静かに黙祷する。

===
昨日のメモより転載。
00:25 その時歴史が動いた 「戦艦大和の悲劇」▽幻の設計図が明かす脅威の技術▽最強の軍艦沈没の真相
面白そうなんだが、ドランクドラゴンが出るトップランナーの再放送と被るなあ。
===
というわけで、トップランナーをまず見て、それが終わってからその時歴史が動いたを見た。ドランクドラゴンの歴史が彼ら自身の口で語られたのは新鮮だった。鈴木さんの話はホントかよそれと思ったんだが(お笑いとの出会いは本屋で読んだ「有名になれる本」など)、実際の話ホントくさいなあ。「いい相方と組めればお笑いやっていけますよ!」と言ってたのが面白かった。ドランクドラゴンのネタの分析と将来についてもフムフムという感じ。ネタ見せのコントライブは本屋のバイトネタと、昔遊び研究会ネタ。何回か見たことあるものだけどやっぱり安定して面白かった。鈴木は人生の運がいい人だなあ。ははは。

===
で、戦艦大和。当時の戦艦技術の結晶だったんだなーとしみじみ。しかし悲しいかな実戦闘ではほとんどその能力を発揮することが出来ず、沖縄に向かう途中での沈没。一定程度傾いても、反対側に水を入れることにより水平に戻るシステムなどはまさに「浮沈艦」を象徴するものだったが、無念なるかな米軍の猛攻撃により、そのシステムを持ってしても傾きを直すことができないくらいに破壊されてしまい、沈没するに至った。

戦争は次第に海軍の戦艦中心主義から、空軍による戦闘がメインになっていったのだが、日本は海軍にこだわりを持つあまり、その転換のタイミングをやや逸してしまった。大和を護衛するための戦闘機が、大和特攻時には1機も無かったというのは当時の情勢からして仕方が無いとはいえ、悲しいというか無策というか、誠に残念でならない。攻撃を受けるたびに続出する死傷者。大和の悲劇から我々は、何を学ぶべきか。戦艦としては世界最強クラスの戦艦は、なぜ沈んだのか。軍事的教訓、政治的教訓、多々あるところだが、戦後60年のひとつの節目として、色々考えた夜だった。

===
今テレビ朝日で朝まで生テレビを放送している。「激論! 元帝国軍人があの戦争のすべてを語る!」というテーマで今日は録画放送らしい。いやー出演されている元軍人の方々は、実に姿勢正しくきりっとしておられる。話す言葉も非常に明朗であり、たまにムニャグニャ言ってしまう田原氏より聞き取りやすい。そして実際の体験者の話というのは貴重な資料になることだろう。

が、しかし問題がないわけではない。発言を検証するための学者等が出席しておらず、それが本当に真実かどうかの検証がほとんどできていない。「証言、かならずしも真実ならず」というのは刑事裁判などを見ても明らかなわけで、発言の真偽を検証するための人間も同席すべきだろうと思った。発言には敬意を表して耳を傾けるが、検証なしでは単なる言いたいことたれ流しになる可能性があることには注意しなければならないだろう。記憶違いや忘却、戦後のGHQの政策により、記憶における思想がブレる可能性は高いからだ。しょうもない例えだが「1年戦争時にハンムラビは投入されていた!」ということを証言したとしても、実際にはどうだったか? ということである。

お、「戦争体験者兼専門家」的な人がおられた。著者多数とある。この場合ある程度の信頼はおけそうかな。厳密には著者と関連書を実際に読んで自分で検証する他ないんだけども。

アイドルみたいにチヤホヤされたい - 北伐'05夏 レポ
アイドルみたいにチヤホヤされたい近江屋O.Gであった(すごいサイト名とHN)。オフレポ楽しそうだなあーいいなあー。人のオフレポ好きの僕としては読んでいて楽しい限り。僕も久々にネットの人々に会いたいなあ。そしてよく読むとオオっと目をひくセンテンスが。不肖藤子、負傷すれども口は開きます! 音声は発することができます! お盆くらいに抜糸できそうです! 京都の夏はひたすら暑いぜグオリャー!

名古屋も行きたいなー。万博行ってみたいし。