冷麺王宮

 

2004/10/16 (土)

クロベエのこと
もうしばらく前のことになりますが、「クロベエ」が亡くなったというニュースがありました。チェッカーズの全盛期僕は小学校低学年でして、率直に申し上げてチェッカーズにはほとんど思い入れがない。

むしろ、クロベエといえば思い当たるのは二つ。いずれも藤子作品なのです。一つは藤子・F・不二雄先生のジャングル黒ベエ。参考→藤子不二雄A sAlonのリンク
あの有名な(?)大阪の市民団体「黒人差別を無くす会」のクレームによって、今では観る事、読む事ができない作品となっております。ウラウラベッカンコー!

もう一つはA先生作の「黒ベエ」こちらも絶版となっているようです。参考→藤子不二雄A sAlonの黒ベエ1
こちらはA先生のブラックユーモア連作短編といった感じのもので、テイストとしては笑ゥせぇるすまんみたいなものでしょうか。ただ、描写的にユーモア風味はあまり強くないので、小学校のときにおじいちゃんに買ってもらったはいいけれど、読むのがマジ怖かったのをよく覚えています。気弱な男がセミが何百匹、何千匹もいる真っ暗な部屋に閉じ込められる話(タイトル失念)とかあってね、ほんと怖すぎるッス。と、チェッカーズもなんのそので藤子話をしてしまうわたくしであった。