ようこそゲストさん

冷麺王宮

2010/11/05(金) 猫パーセント趣味で書かれた小説、猫物語(白) 西尾維新

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記

[]猫物語(白) 西尾維新

猫物語 (白) (講談社BOX)
猫物語 (白) (講談社BOX)西尾 維新 VOFAN

講談社 2010-10-27
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
化物語アニメコンプリートガイドブック 猫物語 (黒) (講談社BOX) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 <span class=*1" /> よつばと!(10)(DC) 長門有希ちゃんの消失 (2)


内容説明
君がため、産み落とされたバケモノだ。完全無欠の委員長、羽川翼は二学期の初日、一頭の虎に、睨まれた―。それは空しい独白で、届く宛のない告白…<物語>シリーズは今、予測不能の新章に突入する!
素晴らしい素晴らしい素晴らしい! 感動した。良かった。西尾維新のこの化物語シリーズと辻村深月作品はページをめくるのが惜しい、終わって欲しくないという思いを抱く小説だなあ。西尾のこのシリーズ、基本的に私にとってはハズレがない。

完璧委員長であった羽川翼の、その思いと内面。羽川の一人称で語られるこの物語はその一人称自体がまず非常に新鮮で、アララギ口調とはまた違った魅力があった。春休み〜ゴールデンウィークの「過去に起こった物語」ではなく、まさに「これから始まる、予測不能の新章」で、ワクワクしっぱなしだった! 羽川翼が、色んな感情を自分のものにすることで、本当の意味での本物の、羽川翼になる物語。早い段階で事件が発生し、怪異も現れる。物語後半までこの怪異の正体は不明なので、なかなかシリアスな展開になっている。

羽川翼が己の内面と戦っていた間、アララギ&神原駿河は一体何をしていたのか? これも次回以降の物語で、語られるところとなるのかな。楽しみすぎます。はぁ……。翼、いいオンナすぎるぜ!! 戦場ヶ原とのガールズトークも素晴らしい。お胸の洗いっこしましょうには笑った。このシリーズ、本当に西尾センスが大爆発してると思う。章が飛んでるところに翼が気づいて突っ込むシーンも爆笑した。メタツッコミも、このくらいがいいあんばいだと思う。

そして、断片的な周辺情報は出てくるけどなかなか登場しないアララギ君、いつ出てくるんだよ暦ーと思ってたらやっぱりコイツはクライマックス中のクライマックスで、最もカッコイイ登場をしやがった! そりゃガハラも翼も惚れるわなー。翼はこういう視点でアララギ君を見てたんだな、感じてたんだなっていうのがよくわかる。震えるようなカッコイイ登場シーンに、私もウルっときたわー。戦場ヶ原父も、いいキャラクターだなー。言葉少ないけど存在感あふれる親父様だ。

とても素晴らしい物語でした。おれは翼派だー!! A

*1 : 電撃文庫