ようこそゲストさん

冷麺王宮

メッセージ欄

2009年5月の日記

一覧で表示する

2009/05/31(日) 味方だけど愛してないとか

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
▼HDD内整理整頓、部屋掃除、雑誌・本処分の半日。本は今週もビニール袋一袋分捨てることに。古くなって情報価値が減って減価償却しきったなと思うものばかりだ。今後は減価償却の閾値を少し下げて、もうちょっと早めに処分するようにしたいな。

▼今日の部屋掃除で、さてどうしたものかと思ったこと。充電のための電源アダプターが何かと多い。散らかりやすい。ワイヤレスヘッドホン、PSP、DSライト、es、ades、ネットブック。全世界的に出力電力や端子規格を統一してほしいものだよ。あ、esとPSPのは規格が同じです。グッジョブだ。あと、冬に使ってた(実質春先まで)足温器の電源もあるな。夏になるとそれは扇風機にチェンジする。ほんとどうしたものかなあ……。延長コードや端子増加プラグを使うのは、安全性の点からも、あまり使いたくない(やむにやまれず刺しているのが現状とはいえ)。一個一個に電源スイッチがついている長方形のタップでも買うかなあ。最近こういう「生活上そうしたほうがいいにこしたことがない」というものにかかるコストが一時的に増えている。はあ。切り詰めれば減らせるものでもあるが……。

▼いよいよもって10年以上のつきあいになったCDMDラジカセを処分しようか検討中。CD再生部分、ピックが壊れて再生できない、カセット部分もくるくる回すところが壊れてカセットテープも再生できない、という状況。MDの使用状況は基本的に皆無。年に数回、ラジオを録音することもあるかな……? というところで、機能、使用率対面積比がでかいんだよね。処分すると今後AM、FMラジオ、MDを使うときに困る、というのが当然考えられる事態で、かかる事態にどう対処すべきか。「割り切る」「諦める」でもよくなってきた気もしないでもないな……あーあ。MDから抜き出したいデータは「ほとんど」ないし、迷うところ。必要になって今更MDラジカセの買い直しとかはしたくないしなぁ。皆現行のCD・MDシステムとはどうつきあってるんだろう?コンポなら、スピーカーだけでも残して使えるんだけど、なにぶん一体型ラジカセなので不可分なのだ。

2009/05/30(土) 今週の雑談

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
▼小学校の登下校ルートには笑いの流行が落ちてるんですけど、今はゆってぃのワカチコが抜群に流行ってる。反復継続性が中毒を生むのは、欧米か! そんなの関係ねぇ! と同じパターンですね。あとFUJIWARA原西のぐるぐるドカーンは激しすぎて無理。あれは原西を見て楽しむもんだな。

▼本読む親の子優秀 下位はワイドショー ベネッセ調査
http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY200905260379.htm
ああこれは確かにこういう傾向はある。親が大人になっても、大人として何か勉強している家庭の子供はほっておいてもほぼ絶対に勉強する。なぜならば、「家にいる人間が勉強することが当たり前の環境」にいるからだ。お菓子食べながらテレビ見ている親から勉強しろと言われるのは、(勉強するのが子供の仕事とはいえ)可哀想だなと思う。

私が小学生の頃、毎週数回漢字テストがあって、母親はほぼ毎朝、私の持っている漢字ドリルから、手作りの漢字テストプリントを作ってくれた。チラシの裏やいらない紙に書かれた、手書きの予想問題である。私が頼んだのか親が言い出したのか、きっかけは忘れたけれど、毎朝5から10分、やらないわけにはいかないし、めんどくさがるほどの量でもなかったので、小学2,3年から6年まで続いた。基本的な常用漢字の知識が今でも何とか衰えにくいのは、あれのおかげだと思っている。子供の勉強は、親も一緒にするのが一番望ましい。親が全く勉強をしないという姿を家庭で見せられ続けた子供が、果たして自主的に一生懸命勉強する気はおこるのだろうかと。まあ学校の環境も大事だけどね。

私は一般的に、よく学びよく遊べという考えに賛成している。オンオフの切り替えをしっかりして、遊ぶ時は楽しくあればいい。ただしダラダラした勉強は絶対にいけない。一緒に勉強する友達がいるのはいいことだが、無駄口叩いてるなら意味がない。

▼大学院生の女…万引ばれて店長にかみつく(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090529064.html
これで窃盗から一気に強盗致傷になるからなあ。被疑者の素性がちょっと気になる。

▼CNN.co.jp:米陸軍基地で自殺者続出、司令官が「自殺禁止令」
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200905280016.html
メンタルケアはどういう業界でも重要である……。

▼日々是遊戯:ひたすら走るだけ――なのに人体の神秘を再発見できるゲーム「QWOP」 - ITmedia +D Games
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0905/25/news058.html
マグレで5メートルくらい進んだ。筒井康隆の、ベッドから起床して起きるという動作だけを小説にした話を思い出す……。

▼やっとはじめておぼっちゃま君のパチンコCMをみた。あの主題歌は凄いねやっぱり。貧ぼっちゃまもいた。しかしあの小林よしのりのキャラがCGになるとなんか気持ち悪いものがある(笑) やっぱり茶魔は、あのアクの強い線じゃないとなあ。

2009/05/27(水) 高倉二条でつけ麺食す

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 飲食

麺や高倉二条 ☆☆☆☆★

麺や高倉二条 めんや たかくらにじょう - ラーメン、つけ麺、拉麺、支那そば、つけそば(丸太町) [食べログ]

空腹だったのでつけ麺+大盛りで880円。食券制。

つけ麺はラーメンの2倍の量の麺がデフォルトになっている(2玉)のだが、さらに大盛りにして麺追加(合計3玉)。お皿にワッソリと盛られた麺が食欲をそそった(あまりに空腹ではやく食べたかったため写真撮ることも忘れてすすりまくった)。

烏丸御池から徒歩7分くらいの立地で、まあ遠くはないかなというところ。ただ、店の前に並ぶと日光を浴びまくるので、これからの時期、行列はかなり辛く感じるかもしれない。

店内および店のすぐ外まで、鰹節系のスープの香り(におい?)がムワっと漂う。食欲をそそる。日曜日の12時半くらいに行ったんだけど、6,7人並んでいた。私が同行者と並び初めてから数分で、後ろに数人さらに並んだ。回転率はわりといいのか、少し待てば入ることができた。なんしかカウンター9席しかないので、食べるのを消化する間もなく出る必要がある。空気的に。セルフのお茶はジャスミンぽいお茶で非常に爽やかさっぱりで美味しかった。

麺はやっぱり蕎麦っぽい麺で、こういう麺は他で食べたことのない独特の食感と味と見た目。いや、それぞれは既視感はあるが、トータルとしてみた場合とても珍しい感じがした。色は蕎麦、コシはラーメンな感じ。ちょっとボソっとするかなという第一印象があったが、つけ麺のつけ汁につけると良い具合にほぐれて、つるつると食べやすくなった。ズルズル、ムハ! ツルツル! と瞬く間に完食。麺と一緒に盛られているシナチクがデカイのも、なんか気前がいい感じで気持いい。一般のラーメンの3倍はある。

残ったつけ汁をスープ割にしてもらい、そば湯のように飲む。これは最近のつけ麺ではよくある方式みたいですね。これも味わい尽くすお得感があって嬉しい。スープ飲んだ後はもう一度冷たいお茶を飲んで口をさっぱりさせて店を出る。ごちそう様でした。なにぶん行列がなかなか途絶えないのでやや慌ただしく出ることになるから、食後もうちょっとゆっくり出来るスペースがあれば最高なんだけど、現状それは難しそうだな。そういうのは、いわゆる「ご近所のラーメン屋」でやるしかないか。

2009/05/25(月) 彼は何を盗んでいったのでしょう

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記

[]GOEMON 江口洋介 大沢たかお 広末涼子 ゴリ ほか 紀里谷和明監督

GOEMON
http://www.goemonmovie.com/index.html


わはははは、面白かった面白かった! 物凄い大盛りで美味しいB級グルメを食べた気分。この手の映像・アクションはとりあえず当分お腹いっぱいです紀里谷監督、というところ。ほんとご馳走様でした。キャシャーンから数年、しっかり面白い時代劇アクションエンタメムービーで良かったです。魅せるビジュアル、映像におけるセンスはやっぱりたいしたものだなあと思う。

石川五右衛門という人物・物語を大胆に換骨奪胎した脚本、マトリックス・300の流れを組む超人ワイヤーアクション&CG、止めと動き、ケレン味たっぷりのバトルと演技はもう目が疲れるくらい楽しませてもらった。紀里谷という男にカネを持たせると、こういう映像を撮るんだなと。特に僕の大好きな映画「300」的なアクションシーンが多かったので個人的にかなり嬉しかった。全体の色調をシーンや人物によって変えるところとか、スピーディーなところをいいタイミングでストップモーションで流すところとか、ほんとケレン味たっぷり、むしろケレン味しかない、圧倒的映像快楽。なので普通のシーンが全然印象に残らない(笑) 普通のシーンは派手なシーンを引き立てるためにあるという要素もあると思うけど、この作品、派手なシーンがメインで普通のシーンはかなり少ないのだ。だったら普通のシーンのほうが印象に残るんじゃないかと思いそうなところだが、相対的にあまりにも地味すぎて残らないのであった。

豊臣秀吉がイカレ侵略キャラ、茶々(広末涼子)が地球市民的反戦活動家なのはまあこの際面白いからいいよもう(笑)しかし広末の演技は全く特筆すべきものが無い、広末的演技だった。ドラマ「ビーチボーイズ」なんかの頃は、若さゆえの元気いっぱいさみたいなのが画面から感じられたんだけども、この茶々役が広末である必然性は一体何なんだろうか。いや、役者というのは芝居がうまくなくてもそれでいいのだと、広末涼子、この女性はとにかく透明感を持って美しいから良いのだと、そういう方向に思考が傾きつつあるところだ。同様に、江口洋介は爽やかに格好良ければOKで、大沢たかおは不適に格好良ければOKなのである。知らんけど。

まあ戦争反対とか無益な戦いを辞めようとかその辺のテーマやメッセージはもうこれまで色んな作品で幾度となく繰り返されているテーマでもあるから、GOEMONという作品でしか訴えない要素っていうのは感じられなかったところではある。

しかし、そんなことはどうでもいいのだ。この映画はカッコイイ奴が物凄い演出により、ド派手なアクションバトルを縦横無尽にキメまくる作品だ。このスピード感と爽快感、実写版三国無双なのだ! あ、戦国時代だから戦国無双か! そのスピード感と爽快感があまりにも映像的に凄いので、面白いという基準のメーターを振り切って「あー面白かったぁ(映像凄かったぁ)」となるのだ。

五右衛門の過去とか半蔵、才蔵との因縁とか、才蔵の悲しみのドラマとか、あれもこれも涙も笑いも、映像的快感、視覚的快楽のためにあるのだ。史実とか関係無いのだ。あったらすげえ面白いなというパラレルワールドを、紀里谷監督は見事に構築したのだ。安土城も大阪の街も、マンガみたいな荒唐無稽な絵になっている。遊郭では遊女が集団でダンスを踊る。花火が打ち上がりまくる。五右衛門は屋根の上を爆走し、ワイヤーで数百メートルの跳躍を為す。チェ・ホンマンは秀吉を守り、ゴリは意外にもかなり美味しいところをさらってゆく。要潤、玉山鉄二も良かった。ほんと石田三成は、どういう作品でも類型的に嫌な奴に描かれるなぁ(笑)

いやー、この監督に500億円くらい渡せば、ロード・オブ・ザ・リングを越える映像を作ってくれるぞきっと。ぜひとも映画館のスクリーンで鑑賞することをオススメしたい作品。B+

2009/05/17(日) たった一つ命を盾に

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
疲れてて笑いの沸点が低いので、今週のジャンプのこち亀のゲストキャラの名前、御輿乗男(みこしのるお)というしょうもないネーミングがツボに填ってゲラゲラ笑った。

あと、泣きの沸点は普段通りだけどからくりサーカス読んで大号泣した。藤田先生はここ10年で私を一番泣かせた回数の多い漫画家だ。

からくりサーカス (1) (少年サンデーコミックス)
からくりサーカス (1) (少年サンデーコミックス)藤田 和日郎

小学館 1997-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
からくりサーカス (2) (少年サンデーコミックス) からくりサーカス (3) (少年サンデーコミックス) からくりサーカス (4) (少年サンデーコミックス) からくりサーカス (5) (少年サンデーコミックス) からくりサーカス (6) (少年サンデーコミックス)

物凄くしんどくても頑張らなければならないこと、また人生にその価値はあることが描かれている。21世紀にもなってるにもかかわらず、愛と勇気と友情と、希望と正義と真実を直球ストレートで描き続ける素晴らしいマンガ。ストレートと言いながらも伏線の張り方と回収方法は極めて高度かつ長大かつ膨大で、作劇技術的にも凄まじい力量の持ち主である。

「エヴァ」声優緒方恵美が告白 「うつ病にかかりかけていた」 - Infoseek ニュース
なりかけていたで済んで良かったなと思う。なりかけでもかなりしんどいけどさ。

裸で出直し!小向美奈子 ストリップデビュー(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
この人は結局なんだったのかよくわからない人だった。脱ぐのかい。

たけくまメモ : 京都は燃えているか?・前編
なんだこれ。

小学館:藤子・F・不二雄 大全集 BOOKINFO 発刊情報
小学館本気出した。
第1回配本のドラえもん1巻、770ページである。編集方法も神である。オバQ、ジャングル黒べえも完全復刻。担当者誰なんだよほんとに。

ATM手数料の改定について イーバンク銀行|インターネットバンキング
なめてるよなあ。
あとイーバンクは号外メールが多すぎる。

2009/05/15(金) 5.15事件から何年経ったのだろう

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
今日は良い天気なのに週末は悪いみたいで残念だ……。

2009/05/08(金) 共感

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記

島本和彦の逆境に効く歌論 ラジオより

・気合いが乗った歌を聴いて気合いが入るうちは、まだ全然逆境じゃない。

・出口がどこにもない、突破口が見つからない、どこにもいきようがない、誰も助けてくれない、自分も自分を助ける能力がない、どうしたらいいんだ、というときが逆境。そういうときに気合いの入った熱い歌を聴いても、他人事に聞こえてしまう。そういうときに聴く曲とは?

・まず逆境の底辺にまで着地する。最底辺・最低限から光を求めて出発する。「負けそう」から「負けてない」へ。励まされることに意味や意義や効果があるのはそこから。自分は自分を助けるんじゃなく、人を助けるんだと思うことができれば、視野が広がり自分の行為に意味が発生し、行動することができるようになる。
自分は集中して乗ってるときは気合いソングいいけど、考え事やしんどいときは音楽自体聴けなくなる。そこから、ジャズとかクラシックとか声がないものを聴けるようになって、声が乗るのはそこからになる。中島みゆきとか筋肉少女帯は、辛さの肯定をした上で、震えながら戦うという歌がしばしばあってよく聴く。リアリティというのはそういう細部にある。

インクの染みのそのなかに

小説もマンガも、紙の上のインクの染みだ。WEB媒体では染みですらない、0と1のカタマリだ。音楽は空気の振動だ。

しかし、インクの染みや01や空気の振動で人は感動する。なぜかというと、染みや振動の中に、真実や、善や、美があるからだ。

2009/05/07(木) 巡らない

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
集中する座業があって連日10時間以上イスに座っていたところ、下半身の血行がものすごく悪くなっていることに気がついた。立って歩いたときに、全然運動していないのにふらふらする。ふくらはぎの部分が筋肉痛のように痛む。せいぜい揉むとか風呂場で暖まるくらいしかないので仕方がないけど、こんな症状になるんだなと驚いた。あとは寝転ぶ、寝るという生活なので足の筋肉を使っていないから、おそらく足の筋肉がどんどん退化している。

2009/05/05(火) ラジオの時間

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
ラジオのパーソナリティは、大体連休も働いている。

ここ数日はラジオ聴いたりしていた。ローカルのFMとかAMなのでどれがどうとか放送内容は特に言及しないけど、テレビ不振の影響で相対的にラジオの評価が前より上がっていると聞いた。聴覚情報だけに頼るツールなので、情報の送り手の力量はテレビよりも問われる部分は確かにあって、喋ってるだけでいかに面白いか、というのはほんとに大きいと思う。

まあFMで音楽メインの番組のパーソナリティは大体面白く無いけど、ああいうのは多分、「音楽の送り手として空気になればいい」というのが評価のポイントなのかもしれないな。AMの夜の番組は、声優やお笑い芸人、文化人が喋っているものが多くて面白い。テレビにも出る芸人を見る際、ラジオが面白い芸人・文化人はほとんどハズレがない。

昔むかし、ちょっとハガキ職人だった頃が深夜放送を一番聴いていたんだけど、やっぱり面白かったなあ。ナイナイのオールナイトニッポンはいまだやってるという長寿っぷりに驚愕するし、ハガキ職人出身の放送作家の活躍も凄い。ナイナイのほか、松村邦洋、TMR西川貴教のオールナイトニッポンが非常に面白かった。特にTMRは一番若いということもあり、TMRがよくわからんバンド名になって迷走してた頃も、ラジオは面白かったなあと記憶している。当時の人気ハガキ職人は、今のケータイ大喜利のレジェンドのような存在だった。リスナーとの幸福な関係を作る事が出来るというのは、パーソナリティの人格と力量だよなあ。北野誠のサイキック青年団も一時期聴いてたけど、受信具合が良くないのでしばらくしてやめてしまった。ああいう番組に填る人が多数出るのもよくわかる内容だった。

最近、ウィルコムからはケータイ大喜利にメール出来ないことがわかりちょっとショックなこどもの日だ。

2009/05/04(月) 中日は曇り

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 雑記
点と点が繋がって線になる瞬間。そして線が意味を持つ瞬間。この電撃的瞬間は、震える。